1. 避妊に失敗!アフターピルならまだ間に合うかも!
  2. 通販で買ったトリキュラーが偽物で妊娠してしまった時
  3. トリキュラーを通販で買うとどうして安いのか
  4. 病院でもらえるピルの安さ1位はフリウェル配合錠LD
  5. 日本製と通販にあるタイ製のトリキュラーの違いとは
閉じる

日本製と通販にあるタイ製のトリキュラーの違いとは

日本でポピュラーな低用量ピルといえば、おそらくトリキュラーの名前が一番に挙げられるでしょう。
厚生労働省の認可も受けている経口避妊薬で、正しく使用すれば妊娠を100%に近い確率で防ぐことができます。
ただし経口避妊薬は基本的に保険が利かないため、病院で処方してもらうと実費を取られます。
その上診察費や検査料もかかりますし、医師に診断を受けるのも面倒です。
通販でトリキュラーを入手すれば、安い上に手間がかからず何かと便利です。

通販でトリキュラーを購入すると、タイ製の製品が届くことがあります。
健康に大きく影響を与える薬だけに、パッケージにまったく読めない文字が書いてあると、何となく不安を覚えるかも知れません。
しかし信用できる個人輸入代行業者を利用している限り、中身は本物のトリキュラーです。
服用方法も効果も、日本製のトリキュラーとなんら変わりありません。

病院でもらうトリキュラーとタイ製のトリキュラーの違いは何でしょうか。
実はパッケージ以外に違いはないと言うことができます。
日本製だからといって、すべて日本の工場で作られているとは限りません。
日本語で印刷されたパッケージに薬のシートを詰めれば、それで日本製となります。

もちろん服用方法や使用上の注意がよく分からない方は、日本製のトリキュラーのほうが安心できるでしょう。
一方トリキュラーを長い間愛用していて、十分に承知しているという方は、タイ製でも問題なく使うことができます。
トリキュラーには21錠タイプと28錠タイプがあり、休薬期間による飲み忘れが心配な方には28錠タイプがお勧めです。

経口避妊薬は毎日続けて飲むものですから、1錠あたりの価格が安ければ安いほど有り難いでしょう。
通販サイトでは価格が時によって変動することがあるので、いろいろチェックしてみると良いでしょう。
偽物を販売している業者に騙されないよう、口コミなどで信頼性を確認することは大切です。

トリキュラー以外のバイエル社のピルとは

バイエル社はドイツに本拠を置く大手医薬品メーカーで、さまざまな処方薬や一般薬を製造販売しています。
トリキュラーがドイツで発売されたのは1976年と古く、ヨーロッパやアメリカでは広く普及している歴史のある薬です。
日本では長い間ピルに対する抵抗が根強くあり、避妊方法として一般的ではありませんでしたが、ようやく1999年に避妊薬として認可を受け発売されました。

トリキュラー以外にもバイエル社は、女性ホルモンのエストラジオールやレボノルゲストレルを主成分とする各種の薬を販売しています。
その中には避妊以外に、月経困難症の治療などに使われる中用量・高用量のピルが含まれます。
中用量ピルは病気の治療に用いられる場合には保険が利くため、これをうまく利用して安く避妊しようと考える方がいるかもしれません。
しかし薬剤に含まれるホルモンの量が多いと、それだけ副作用も強く出る可能性があります。

ホルモン剤の副作用としては吐き気や頭痛などが挙げられます。しかし低容量のトリキュラーは比較的安全性が高いのが特徴です。
わざわざ副作用のリスクが大きい中用量ピルを常用するのはお勧めできません。
なおトリキュラーを飲むと太るという声もよく聞かれます。
体内に水分が多くなりむくみが出ることや、食欲が旺盛になることが原因と考えられ、人によってはカロリーコントロールが重要になります。

このほか他の薬との飲み合わせや体との相性があるので、十分な知識なしに飲み始めると、体調が悪くなる場合もあるでしょう。
不具合を感じたら別のピルを試してみるのもひとつの方法です。
そしてトリキュラーが一番合っていると分かったら、安価なタイ製を個人輸入するのが便利です。

関連記事

  1. ネット通販を利用している女性

    トリキュラーを通販で買うとどうして安いのか

  2. 避妊に失敗!アフターピルならまだ間に合うかも!

  3. 病院でもらえるピルの安さ1位はフリウェル配合錠LD

  4. 偽薬と悪質業者のイメージ

    通販で買ったトリキュラーが偽物で妊娠してしまった時

  5. コンドームとピル以外の避妊方法とは

おすすめ記事

  1. 病院でもらえるピルの安さ1位はフリウェル配合錠LD
  2. 避妊に失敗!アフターピルならまだ間に合うかも!
  3. 日本製と通販にあるタイ製のトリキュラーの違いとは
  4. 通販で買ったトリキュラーが偽物で妊娠してしまった時
  5. トリキュラーを通販で買うとどうして安いのか

ピックアップ記事

  1. 避妊方法として一般的なものはコンドームとピルになると思いますが、それ以外の避妊方法もあり、それぞれに…
  2. 病院で処方されるピルは健康保険が適用される場合があります。保険適用となるのは通常、月経困難症など…
  3. 避妊方法にはいろいろなものがありますが、ほとんどの方法で失敗する可能性が残っています。確実に避妊…

おすすめ記事

  1. コンドームとピル以外の避妊方法とは
  2. 病院でもらえるピルの安さ1位はフリウェル配合錠LD
  3. 避妊に失敗!アフターピルならまだ間に合うかも!
ページ上部へ戻る